« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

クリスマスも終わって、もうすぐ今年も終わりですね~。
Skip*Flyは、今日の午後12時から来月の3日までお休みをいただいているのですが、
ブログを書かずに、新年を迎えてはいかーん!
なんて、勝手に思い込んで、今いそいそと書いてまっす。
なにより、全国津々浦々15名(少し増えましたー)の愛読者の皆さまの期待を
裏切っちゃぁいけませんからねっ。

それにしても、年末の、街のあわただしい雰囲気って、いいですねぇ。
そのわりに、殺気立ったり、疲れた空気が漂っていないし。
逆に風通しがいいと言うか。
みんな、どこに行くのかなー?なんて思いながら、
その間をくぐリ抜けて、私はジムへ。
ここ半年くらい、冒険家の植村直己氏に関連する本ばかり読んでいた影響で、
最近、オットと共に、時々山に登るようになったのはいいけれど。
日ごろのぐーたらが祟ってか、登った次の日には筋肉痛が・・・。
これじゃぁ、冬のマッキンリーなんて遠い道のり(気分だけいっぱしの登山家~)
・・・というわけで、しばらく休んでいたジムを再開しました。
そうそう、あちこちで山の話をしていたせいか、
エベレスト登山のドキュメンタリーのDVDやら、
なぜか、ガイアシンフォニーの本なんかも貸していただいて、
年末年始は、どうやら、山一色になりそう。
まだ地元の山しか登ったことがないのに、
なぜか、冬季エベレストにはくれぐれも行かないように、
って注意を受けてしまったけど(とほほ)。
本当に登りに行きそうな気がするって、だ、大丈夫です、い、行きません!
そ、そんな勇気、な、ないですからっ。

植村直己氏の活躍を直接見聞きする時代に生まれていないので、
今、こうして、本でその内容を知っていくうちに、
だんだん、実際、動いたり、しゃべったりする姿を見てみたいなぁ、
なんて思っていたら、ある本にDVDが付いているのを発見。わーい。
犬ぞりでの冒険が収録されているみたい。
見るー!もう、早く見たーい!
で、早速、セットをして、再生。
が、が、しかし・・・いつまでたっても、画像が出てこない。
あへ?
不思議に思って取り出してみたら・・・CDでした。トホホ。
試しに、最後まで聞いてみたのだけれど・・・犬の鳴き声ばかり。
ずーっと、わんわん、わんわん、って感じで。
でも、その中に、本人の声も入っていて、それが想像と違っていて、ビックリ。
下町のおっちゃんとか、山男の声みたいなのを想像していたのに、
どちらかと言うと、とても端正な、というか、知的なというか
(だからって、そーゆー人たちが、そうではない、と言うわけではなくて!)、
とにかく、素敵な声だった。
そうそう、本には、植村直己氏の奥様も登場するのですが、
この方が本当に素晴らしい!
こんな言葉がでてくるなんて、と、読んでいて、ただただ感心してしまった。
自分を大きくみせるわけでも、あえて謙虚にしているわけでもなく、
そのまますっと立っている感じ。その佇まいが、柔らかく美しいなぁ。

さて、話は変わって。
少しSkip*Flyについて書きたいと思います(本業だしね)。
オープンして、今年のクリスマスで、6年目を迎えたけれど、
その間、何度かサイトをリニューアルしてきたのです、が。
そろそろ、リニューアルをしようと、いろいろと取り掛かってはいたものの、
あることに気がついたんですよねぇ。
・・・デザイン力がない、ってことに。
って、気づくの遅かったかもー。
最初あった雑貨ショップに、姉妹サイトとして旅のHPをオープンさせて、
一緒に、ブログも始めたもんだから、今、バラバラの状態で成り立っていて、
ここはひとつ、Skip*Flyとして、ひとつにまとめたいところ。
が、私のデザイン力と技術力では、いまいちしっくりくるサイトが出来上がらない。
やっぱり、もちは餅屋で、じゃないけど、
専門の方にお任せした方がいいかなぁと思っていて。
で、いろいろと探していた結果、とある会社を発見!
その作品群を見て、もう、一目で気に入ってしまった。
これは、もう、ここに頼むしかない!なんて、意気込んでしまいましたよー。
が。
どうも、ここ、海外の会社みたい。
う~ん、やり取りは英語か~。
って、まぁ、これは、いざとなったら、プライベートレッスンの先生に手伝ってもらって、
問題は、この会社が、制作にあたって、日本語フォントの対応できるかということ、
今使っているカートなどをそのまま組み込めるかということ、
それから、今後、更新はこちらでしていかないといけないので、
ホームページビルダーで対応できるように作成できるか、など
国内だったら大丈夫でも、海外の会社だといろいろと問題になることもあるだろうから、
今後対処することは多いと思う。
でも、今まで作ったHPのデザインから判断して、
これなら、Skip*Flyの持つ雰囲気をちゃんと具現化できると確信しているので、
当たって砕けろで、年明けにでも、連絡をしてみる予定。
うまくいくといいな~。
そうそう、この前雑貨サイトでご紹介した、オランダのガラスのコースターセット!
詳細が知りたくて、いろいろと調べてみても、
結局、生産地しかわからず、思い切って、そこのガラス美術館に問い合わせを
してみたら、な、なんと、回答をいただくことができました。
す、すんばらすぃ~。
なんでも、1960年代に作られたものらしくて、デザイナーの名前はもちろん、
箱まで揃っているこのセットはとても貴重だそうで・・・。
また、詳しくは、雑貨サイトをご覧くださいマセ。
そういえば、Skip*Flyも、オープンしてもう6年経つんだなぁ、なんて、しみじみ・・・。
でも、6年経って、プロっぽくなったかっていうと、相変わらず素人家業だし、
あんまり変わったところってないかも。
買い付けの計画はウキウキして経てるのに、出発前はいつもユーウツだし。
そういえば、旅をするようになった経緯ってどうだったっけ??
まず。
大学の後期の研修を受けるためアメリカに滞在
(これが初海外。「飛行機の騒音、いつ消えるのー?」なんてノンキに聞いてた頃)
→帰国後、友だちと個人旅行を始める
(アメリカの次は、なぜかパリ。でも、これがすべてのスタート。
まだ、メールもない時代だったので、フランス観光局に連絡して、ホテルのリストを
送ってもらって、気に入った宿に手紙を書いて予約をする、なんて、ことをしてた)
→その後、大学時代は、ヨーロッパ各国にまわる
(この頃から、飛行機だけ予約をして、宿は現地で探すようになる。
様々な人との出会いに、旅の楽しさを知ったころ。でも、まだ友だちと一緒。)
→就職後は、休みを取っては旅を続ける
(イルカと泳ぎたーい、と言っては、友達とバハマへ、あと、NYでアパートを借りたり。)
→数ヶ月、ヨーロッパでバックパッカーの旅
(記念すべき?ひとり旅デビュー!
旅のシーズンではなかったせいか、ユーラシア大陸を自転車で横断してきた人やら、
戦火のユーゴをくぐってきたジャーナリストの卵などなど、
様々な経験をした人たちに出会う。
私は、ただただ、ひゃ~とかほぉぉぉぉ、とか言って、いろいろ聞いてた・・・。)
→結婚後は、一転して、まったりとリゾート旅へ
(全く旅に興味のないオットなので、のんびりハワイでサーフィンを5年ほど
続けてました。が、近年、方向修正ぎみ。)
→と同時に、Skip*Flyをオープン(一応、仕事としての旅の始まり)
とまぁ、こんな感じかな~。
そういえば、大学時代、一緒にアメリカで研修を受けた友達に、最近、
「あの、大学時代は、今の基礎みたいなもんだったんだなぁとつくづく思う」
て言われて、なるほど、遠い昔のことだけど、そういう風に繋がってきていたんだ
なぁ(というか、ちゃんと順を踏んできたというか)と思う。
そうなると次は?ってなりますが、
実は、ワークキャンプに参加したい!
というのも、買い付けでヨーロッパに通っているうちに、
いろいろと疑問に思うことや、自分の中でクリアしたいことがあって。
だいぶん見えたかな~、というころで、いつも帰国となってしまうので、
旅という形ではなく、もっと踏み込んで滞在したいという気持ちもあって。
まぁ、オットがここ高松で働いているので、長期滞在や移住については、
はなっから頭になくて、今できることとして、ワークキャンプという選択肢が
浮かびあがっているところ。
でも、このワークキャンプ、調べれば、ほんと興味深い分野があって、おもしろい。
私の場合、目的が自分のためなので、
誰かをケアしたり、助けたりするボランティアには参加する気はないのだけれど
(というか、なによりそれは相手に失礼だし!)、
それ以外でも、例えば、異文化でのコミュニケーションに関する調査だったり、
アウシュビッツで生き残った人たちとのワークショップなど、
世界各国では、こういった様々なワークキャンプがあるみたい。
でも、こういうことに興味があるのは、
なにより、私自身が、あまり人とコミュニケーションがうまくとれないなぁ、と思っていて
そこで、いろいろ知りたいと思うことが
(もちろん、その国の社会の仕組みや言語、それを作ってきた歴史も知りたい、
という理由も大きいけれど)、
結果ワークキャンプに繋がっているのだと思う。

はー、なんだか、めちゃくちゃ長くないですか、今日!
って、自分で書いておきながら、こんなこと言うのもなんですけど。
もしかして、今年の分、ぜーんぶはきだめしてるかも!?
ひゃーっ、愛読者の皆さま、ごめんなさい!
でも、聞いていただけて、すっきりしました。ありがとうございます!
あ、それから、あと、もうひとつ。
これは、皆さんに聞きたいことなんですけど、
先日、携帯電話を使えるようになった10歳の甥っ子に、
「サンタの携帯番号、教えて~」って言われたたんですけど。
これって、どう答えたらいいんでしょう?
素敵な回答を送ってくださった方には、お年玉として・・・って、な、ないですが、
ぜひ来年の参考にさせていただきまっす。

それでは、今日は、そろそろこの辺で・・・。
今年一年、大変お世話になりました。
いつも、心は感謝でいっぱいです!ありがとうございます。
来年も、皆さまにとって、素敵な一年になりますように!

よいお年を!!

| | コメント (3)

2007年12月13日 (木)

今週に入って、ずーっと雨なので、気分転換に上の写真を変えてみた。
雨空も悪くはないけど、さすがに毎日続くと、正直ユウウツな気分になってしまうので。
実は、これ、春の買い付けで撮影した1枚。
青い空と新緑、それから、一輪の花。
気分一新、次回の更新の準備に取り掛かかるべし。

それから、ついでに、タイトルも変更。
ちょっと長め。
ただ、前につけていた”news letter”は、
ブログとメールマガジンを同時に始めたせいもあって、
考えなしに、全く同じにしていたので、
なんだかなぁとしっくりこないまま、そのまま使っていたというわけで。
で、結局、非常にわかりやすいタイトルにしてみました。
雑記帖というのは、様々なことを思いついたまま書き記したノートの意。
ブログらしいのではないか、と思って、そのままタイトルに。

ということで、新生Skip*Flyのブログ、
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!


| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

タイトルをつけるのが苦手、なんて思ってたら。
タイトルなしの設定もできるんですねぇ。し、知らなかった~。
ということで、早速今日、設定し直し。
これで、もう少し、ブログを更新できる、ことは、な、ないな、たぶん(とほほ)。

さてさて、Skip*Flyの旅サイトで予約代理を請け負っているゲントのアパートの
日本語版規約が、今日ようや完成して、オーナー宛に無事発送をすませたところ。
ふぅぅぅぅぅぅぅ。
先月帰国してから、時間をみては、取り掛かっていたので、
なんとか年内中に間に合って、一安心。
よかった。無事、年が越せそう。

と、この規約本、
もともとアパートにあるのは、英語・フランス語・オランダ語・イタリア語
(オーナーが昔付き合っていた彼女がイタリア人だったため、話せるようになったらしい)
で書かれたものだけだったのだが、
初めてヨーロッパでアパートをご利用される日本のお客様にも、
より快適に過ごしていただきたいと思い、今回日本語版を作成することにした。
ホテルとの違い、チェックイン・アウトの方法や部屋の使い方、
また、ガイドブックには載っていない、素敵なカフェやレストラン、
おいしい地元のチョコレート屋やワッフル屋のことなどなど、
遠く日本から来てくださった方々を思い浮かべながら、作ってみたつもり。
ちなみに、日本語版ならではの情報もちらほら。
また、この規約本の他にも、ベルギー長期滞在者向け便利帖や、
ベルギーの歴史や社会、文化について書かれた本、
それから、忘れてならない、指差し会話本も、合わせてお渡しする予定。
そうそう、部屋には、キッチンもあるので、
今度は、ベルギーの食材を使った料理のレシピも作ってみたい!
日本では手に入らない食材がたくさんあるので、
それらを生かした手軽な料理を作ってみるのも、滞在中の楽しみのひとつだと思う。
でも、なにより、ご宿泊される皆さんが、安心して滞在されることが一番!
プラス、ゲントをはじめ、ベルギーという国を様々な面で楽しんでいただけるよう、
少しでもお手伝いができれば、と思う。
その点、オーナーのウィムも同じだから、心強い。
一応、送ったことをメールで伝えると、すごく喜んでくれていた。
お礼に何をすればいいかな?なんて書いてある。
答えは、今度の買い付けまでに、考えておこう。

Blog

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »